この施術で体の調子がよくなる理由

健康になる、病気が治ると言われている方法や治療は星の数ほどあります。しかし、実はどの方法も根本的に体を正常な状態に戻す、あるいは保つものではありません。まず、現代人の身体がどのような環境におかれ、どのような状態にあるのかを知る必要があります。そしてそれらを改善するために、どのような施術を施すのか、みていきましょう。

過酷な状況に置かれている身体

骨格が歪み、老廃物が溜まり、排泄できない体になってしまうのは何故なのか。

まず、骨格の歪みは事故や生活習慣、精神的、性格的な習慣から起こります。座りっぱなしのデスクワークや体の片側ばかり使う仕事などを、習慣的にし続けると、体はその動きに寄った形に歪んでいきます。また、何か精神的にストレスをかかえていたり、悩みがあると、無意識に体のどこかの筋肉に力が入り続け、それもまた骨格の歪みにつながっていきます。

​骨格が歪むことにより血管やリンパ管が圧迫されたり狭くなったりして、流れが悪くなります。

 

口にするほぼ全てに含まれる添加物

現代人が口にするほとんどの食べ物には食品添加物が含まれています。本当に気をつけていないと、農薬や食品添加物を取らない食事を取ることは難しい時代になってしまいました。
​食品添加物とは人間が作り出した化学物質です。食品の鮮度を保つためや、色や匂いを追加するものなど様々ですが、どれも自然界には存在せず、本来の人間の機能では分解することが難しい物質です。それらを日々摂取することで、血管やリンパ管の中に溜まっていき、さらに流れがわるくなっていくのです。

 

循環しないと細胞は老化する。

このようにして巡りの悪くなった体の中では、活性酸素が作られ、細胞の酸化(老化)がおこります。食べ物でいうと腐っている状態です。老化した細胞が増えるとその臓器や部位は弱り、病気や不調がでてくるのです。悪循環が確立してしまった体では、いくら弱ってしまった部位だけを改善しようとしても根本的な問題を解決しないことには、その不調は何度でも繰り返し現れます。

 

それらを根本的に解決する4要素

​[ 矯正・破壊・振動・補充 ]

当治療室では、それらを根本的に解決する「道を開き、ゴミを出し、エネルギーを入れる」というプロセスを4要素に分けて考えています。

①道を開く

道を開くというのは、歪んだ骨格を戻し、内臓などに狭められていた血管やリンパを解放すること[矯正]と、すでにこり固まり、ゴミで詰まってしまったリンパ節を独自開発した部位別の専用の治具とハンマーで叩き壊し流れを取り戻す[破壊]ことを言います。

②ゴミを出す

​上記で流れが良くなったところに、強力な振動を与え、さらにゴミを細かくし、排出へと向かわせます[振動]。必要に応じて独自開発した部位別の専用の治具を使用し、温熱を与え直接ゴミや詰まりを壊して[破壊]いきます。

③エネルギーを入れる

ここでいうエネルギーとは、酸化してしまった細胞を還元するために、主に電子を注入する[補充]ことです。体に溜まったゴミを全て排出しても、すでに酸化してしまった細胞がある状態では不調は続きます。その細胞を元どおり活性化させるためには、電子を与えてやる必要があります。水素吸入や電子発生機などで発生させた電子を、より体内に取り込みやすい方法を用い入れていきます。

さらに、内臓の動きを活発にするサプリメントや不足しがちなカルシウムなどをご紹介しています。

 

施術はスピード勝負

当治療室では1秒でも早く、その方の抱える不調や不安を取り除きたいと思っております。また、遠方からお越しになる方も多く、1回の施術に時間をかけて、最善の施術を一気に施します。数回の施術とアフターケアで、ほとんどの方が改善を体感されています。