治らない病気は無い、

ただ治し方を知らないだけ。

を理念に、心からの笑顔を取り戻して欲しいと願っております。

 

土屋 誠真

 

​施術の流れ

​①
骨格矯正

歪んだ骨格を、独自開発した専用治具とハンマーで整えていきます。歪みにより狭められた神経や血管、リンパ管、内臓の位置を元に戻していきます。特に神経の経路が確保される事で本来の伝達力が戻り、自己治癒力、免疫力が最大限に働く環境にしていきます。

​②
​老廃物の排出

全身の老廃物を、独自開発したプレートや専用治具とハンマーで取り除いていきます。水素で活性酸素を除去し、震動マシン、活性炭サプリ等で排出を加速させます。老廃物が排出され全身の循環が促進されると、酸化した細胞に栄養や酸素が運ぶ通路が確保されます。

​③
エネルギー補充

電子や水素、酸素、そして栄養等を酸化(老化)した細胞に与えることで再生(若返り)を促します。独自開発した温熱振動枕や、震動マシン、水素吸入器、還元電子治療器、ラドン発生器、厳選したサプリメント等を併用する事で短時間で高い還元作用を与えます。

 


 

施術後の経過

発熱

末期癌や難病の診断を受けている方、また症状が重く慢性化している方は施術後や翌日に39℃前後の発熱するケースが数多く見られます。この発熱は自己治癒力、免疫力が上がり改善に向かう大きなバロメーターとしています。

排泄

ベトつく汗、体臭や臭う尿や便、咳タン鼻水の排泄も数多く見られます。これらは急激に上がった自己免疫力により、有害なウイルスや微生物、不要な細胞の死骸等の排泄が起こった為と捉えています。施術中、トイレに何度もいかれる方もいらっしゃいます。

 

札幌 がん

この施術で体の調子がよくなる理由

これらの施術で、なぜ体の調子が良くなるのか。

答えは簡単です。身体中に溜まった不要なものを取り除き、生きるために必要なものを補充する。それだけで巡りが良くなり排泄がスムーズに行われ、細胞が活性化して不調が取れて行くのです。しかし、環境や仕事の変化、運動不足、添加物の摂取などで、こり固まり老廃物の溜まった現代人の身体では、ただそれだけのことが、難しくなっているのです。

誠真治療室では、身体を一つの循環としてとらえ、最適で最速の方法で、急速に身体が持つ本来の能力(自己免疫)を開放していきます。

札幌 がん

ボイス クリーン メソッド
Voice Clean Method

『声が命』の歌手専門施術、『のど』という楽器の掃除を行います。

専用に開発した金属製の棒をのど周辺のこびり付いた老廃物の塊に当て、そこを小型のハンマーで『コンコン』と軽く叩いて老廃物を砕き流していきます。

施術は『痛い』です。

 

又、『のどの炎症』『打ち身』『アザ』ができるなど一時的な反応が出る場合があります。

効果としては、声量が増えたり音域が拡大するなどです。
又、より具体的に効果を実感していただくため、声の出ずらいパートを歌ってもらい、施術しながら改善度合いを確認するやり方をよく行っています。


『以前出ていた音域が出ない』
『声量が落ちた』
『声帯結節で苦しんでいる』
『イップス』


などの方が対象となります。

高望みをされても元々のポテンシャル以上の効果は出ませんので、そこはご了承下さい。歌手は一生続けられる素晴らしい仕事で引退の必要はありません。調子を大きく崩す前にお会いできれば早期の回復の可能性が高まりますので、できるだけ早くお越し下さい。

2018年6月28日と2019年3月26日にレコーディングした女性歌手の歌です。

2019年2月から3月にかけて週2回のペースで10回施術を行いました。

聴き比べてみて下さい。

施術前 -
00:00 / 00:00
施術後 -
00:00 / 00:00

2019年4月18日に20歳の女性歌手の方で1回の施術前後で声を録音しました。

施術前 -
00:00 / 00:00
施術後 -
00:00 / 00:00
 
 

土屋 誠真 Seishin Tsuchiya

​慢性のめまいと頭痛に苦しめられていた経験から、自らの体を治す方法を探し始める。はじめは鍼灸マッサージの資格を取得し、施術に勤めるが、経験と感覚のなかから、根本的な解決にならないと感じ、独自の施術方法の開発に力をそそぐ。

発見と試行錯誤を繰り返し土屋メソッドを確立させ、ありとあらゆる病や不調を改善に導くことに尽力。

この方法を用いて、助かるはずの多くの人を救いたい。その思い一心で、治療室をつくりたくさんの方々の体を施術することに全力で取り組んでいる。

 

この施術法は日々研究し、進化している。

まずは、その方のおかれている環境と、

身体の病状や症状をしっかり確認する事を大切にしています。
その上で、最適な施術方法をご提案いたします。

当治療室院長の手紙が歌になりました。

苦労した父のために想像して作った祖母からの手紙を竹森巧氏に歌詞として作り上げてもらい作曲をお願いし完成した歌が『絆』です。岩崎宏美さんが心を込めて歌ってくれています。

土屋誠真